ペットと暮らせる賃貸マンションをトータルプロデュースするコーナン建設
「ペット共生型賃貸って何?」「ペット可物件とどう違うの?」
といった、皆様の素朴なご質問にお答えします。
「ペット可」とは、単にペット飼育を「許可している」物件であり、他の入居者のペットとの関係やペットへの理解などは全くありません。
管理体制も、オーナーもしくは不動産会社が、ペット不可物件と同様の体制で管理しており、ペットに対する理解・知識の不足から、万一トラブルがあった場合も適切に対処できず、解決することが困難なためマイノリティのペット飼育者が最終的には出て行かなくてはならないケースもよく聞かれます。
賃貸に関わらず最近では分譲マンションの管理体制も同じで、嫌な思いをして出て行くペット飼育者も増えてきているのです。
「ペット共生型」物件の場合はペット飼育者が優先なので、入居者がほぼペット飼育者、または飼育希望者であり、管理するオーナーや管理会社もペットに理解があるので飼育を前提とした体制で管理を行います。
最近では、利用者の声を取り入れた新しい「共生型」も
登場しています。
猫専用・犬専用マンションなども、その代表といえるでしょう。
猫と犬とでは習性が違うため、設備にしてもそれぞれ必要な物は違います。
猫は高いところを望むので「キャットウォーク」や「猫棚」があると立体的な行動ができ、完全室内飼いでもストレスがたまりにくくなります。
犬ならば散歩が必要ですが、都会では十分なスペースが少なく、毎日の散歩もなかなか苦労するところです。
しかし敷地内に「ドッグラン」があれば、飼い主が見守る中、愛犬をノーリードで自由に走らせることもできます。
   


「ペット共生型」最大のメリットは、まず同じ建物内にペット嫌いの人がいない、という点でしょう。
つまり、入居者同士が「ペットへの愛情」という共通理解を通し、より親密なコミュニケーションが
図れるという点です。

 
ペット賃貸マンションとは
ペット飼育の現状・ペット共生型賃貸マンションの必要性
ペット共生型賃貸マンション 経営のメリット
ペット共生型賃貸マンション Q&A
ペット共生型賃貸マンション オーナー様の声
ペット共生型賃貸マンション 入居者様の声
ペット共生型賃貸マンション 施工事例
コーナン建設株式会社
ペット共生型マンションに関するお問い合わせ
コーナン建設 ペット共生型賃貸マンション トップページ
これからの選択 これからの賃貸マンション コーナン建設株式会社ペットと暮らせる賃貸マンションをトータルプロデュースするコーナン建設 ペットと暮らせる賃貸マンション コーナン建設
ペットと暮らせる賃貸マンションをトータルプロデュース コーナン建設株式会社ペットと暮らせる賃貸マンションをトータルプロデュースするコーナン建設
コーナン建設株式会社 Living with PET
 
Copyright 2005 COHNAN KENSETSU INC. All rights reserved.